MenuOpen
株式会社びゅうトラベルサービス

日本の夏祭り&花火 ~熱気と感動がみなぎる~


夏の東北三大祭りや、日本を代表する花火大会など、お祭りを旅の主役にしてみませんか。


青森ねぶた祭


青森ねぶた祭り(イメージ)

「青森ねぶた祭」は、毎年8月2日から7日に開催され、期間中には300万人もの観光客が訪れます。人々を魅了するのは、なんといっても迫力満点の山車。「人形ねぶた」と呼ばれる、歌舞伎や歴史的な物語をテーマにした巨大な山車がいくつも連なり、青森市内の目抜き通りを練り歩きます。囃子が響くなか、荘厳華麗な人形ねぶたを先導しダイナミックな動きを指揮するのは、扇子を手にした「扇子持ち」。その後ろには「ラッセラー、ラッセラー」の声とともに乱舞する「ハネト(跳人)」たちが続きます。目の前で繰り広げられる演舞は圧巻。感動の光景を目に焼き付けることができます。→もっと記事を読む


おすすめツアー

ただいま青森ねぶた祭の旅行商品での募集は行っておりません。

秋田竿燈まつり


秋田竿燈まつり(イメージ)

長い竹竿にたくさんの提灯で稲穂に見立てた「竿燈」を持ち上げ、通りを練り歩くのは、半被をまとった「差し手」たち。見どころは何といっても、差し手が竿燈を美しく、そして力強く見せようと披露する妙技です。最大で高さ12m、重さ50kgにもなる竿燈を手の平から額、肩、腰と順々に場所を変えて乗せていきます。最も盛り上がるのは、難易度の高い腰に乗せてバランスを取る大技。その迫力と美しさに、歓声と拍手が沸き起こります。笛や太鼓の囃子が響く中、黄金の稲穂のように揺れる280本もの竿燈。その光景に浸れば、日本の良き夏を体感することができます。→もっと記事を読む


おすすめツアー

ただいま秋田竿燈まつりの旅行商品での募集は行っておりません。

大曲の花火


大曲の花火(イメージ)

秋田市から南東に約60km離れた大仙市で、毎年8月の最終土曜日に開催されるのが、「全国花火競技大会 大曲の花火(以下、大曲の花火)」です。人口8万人ほどの街に、この日1日だけで約70万人が訪れ、1万8,000発もの打ち上げ花火を鑑賞します。大曲の花火が、ほかの花火大会と一線を画す理由は、美しさと独創性を競う競技会であること。全国から選りすぐりの花火師が参加し、この日のために試行錯誤した自信作を披露します。まさに、夏の空を舞台にした匠の技のぶつかり合い。夜だけでなく、昼花火の部があるのもユニークです。→もっと記事を読む


おすすめツアー

ただいま大曲の花火の旅行商品での募集は行っておりません。

盛岡さんさ踊り


盛岡さんさ踊り(イメージ)

毎年8月1日~4日に、盛岡市の中心部で開催される「盛岡さんさ踊り」。色とりどりの衣装に身を包んだ人々が、太鼓を打ち鳴らし横笛と鉦(かね)で音色を奏でながら、踊り手たちを先導します。毎年、約3万人が参加し、100万人を超える観光客が訪れる、盛岡の夏の風物詩。勇壮な太鼓の音色や華麗な群舞は圧巻です。→もっと記事を読む


おすすめツアー

ただいま盛岡さんさ踊りの旅行商品での募集は行っておりません。

相馬野馬追


相馬野馬追(イメージ)

先祖伝来の甲冑に身をかためたおよそ400騎の騎馬武者たちが、戦国絵巻さながら勇壮に繰り広げる「相馬野馬追」。螺の音を合図に出陣し、甲冑競馬や神旗争奪戦、野馬懸などの伝統行事が3日間にわたって行われます。1,000年以上の歴史を持つこの祭典は、幾多の変遷を経て現在へと受け継がれ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。→もっと記事を読む


おすすめツアー

ただいま相馬野馬追の旅行商品での募集は行っておりません。

花笠まつり


花笠まつり(イメージ)

1960年代に「蔵王夏まつり」のイベントの一つ、「花笠音頭大パレード」として始まった山形「花笠まつり」。昭和40年(1965年)からは単独で行われるようになり、踊り手が開催3日間で1万人を超え、現在では多くの観客を集める東北を代表する祭りの一つになっています。例年8月の5日~7日の3日間にわたって開催され、鮮やかな山車を先頭に「ヤッショ、マカショ」の勇ましい掛け声と花笠太鼓が響き渡ります。 花笠音頭の由来は明治期の尾花沢にあると言われ、新田開拓に伴う溜め池づくりの工事の際歌われていたお囃子、「土突き唄」とされています。溜め池が完成した年の秋まつりにて紅花の造花を付けた菅笠を手に持ち、土突き唄に合わせた笠踊りが奉納されたことが花笠踊りの由来といわれています。→もっと記事を読む


おすすめツアー

ただいま花笠まつりの旅行商品での募集は行っておりません。



更新日 

テーマから探す

page top