MenuOpen
株式会社びゅうトラベルサービス

日本初の世界自然遺産を歩く。
「白神山地」・「西目屋村」

世界最大級のブナの原生林が残る、奇跡の大地

青森県南西部と秋田県北西部にまたがる広大なブナ原生林を有する「白神山地」。総面積は約13万haにもおよびます。人の手がほとんど入っていないブナ林には、多種多様な動植物が息づくことから、1993年にユネスコの世界自然遺産に登録されました。貴重な生態系を後世に残すべく、大切に保護されている「白神山地」。その一部は気軽に散策が楽しめるよう解放されています。木漏れ日の中、ブナ林を歩きながら手つかずの自然の神秘にふれてください。

ブナ林の散策路は、枯れ葉などが堆積してできたふかふかの腐葉土の道

原始の森の息づかいを感じながら世界遺産を歩く

日本で最初の世界自然遺産に登録された「白神山地」。雪国に広がる森には約8,000年前から変わらない風景が残っているといわれています。冬は数メートルの雪に閉ざされブナ林も、春から秋にかけて、散策コースを歩きながら豊かな植生を間近に感じることができます。いくつかある散策コースの中でも代表的なのが「世界遺産の径 ブナ林散策道」。世界自然遺産登録地域内にある遊歩道を進む1~2時間のコースです。春は萌黄色のブナの芽吹きを、夏は新緑、秋は紅葉と季節によって変わるブナ林の表情を楽しみながら心地よい散策を満喫できます。「白神山地」に抱かれる美しい村、西目屋村が散策の拠点です。

水をつかさどる大地を実感

昔から「驚異の保水力」と称される「白神山地」。原始の森に降り注いだ雨は、長い年月をかけて再び地表に現れます。水をつかさどる「白神山地」には、いくつもの滝や湖沼があり、水とブナが織り成す風景も見どころのひとつ。そこで人気を集めているのがブナ林の中に大小33の湖沼が点在する「十二湖散策コース」です。初心者でも気軽に歩くことができるコースで、途中には「青池」や「ブナ自然林」「沸壺の池」「落口の池」など見どころも豊富。お休み処に立ち寄りながら約1時間で歩けるコースです。ここで「白神山地」の奥深さを知ることができます。

深い青色に光る「青池」は見る角度によってさまざまに色が変化します

「マザーツリー」が見守る散策路

駐車場のある津軽峠は、「向白神岳」や「天狗岳」などの世界自然遺産に含まれる山並みを眺望できる絶景スポットです。そこから片道約300mの散策路を行くと、推定樹齢400年のブナの巨木「マザーツリー」を見ることができます。威厳のある佇まいは、ぜひ目にしておきたいものです。脈々と命の再生が繰り返されるブナの原生林。歩く速度でその神秘を感じてください。また「白神山地」が育む水の恩恵を受ける西目屋村では、名水を使った豆腐やコーヒーなどを味わうことができます。五感で堪能できる世界自然遺産「白神山地」に身を置く、旅の途中にそんな神秘の体験はいかがですか。

堂々とした風格で森を見下ろす推定樹齢400年のブナの巨木「マザーツリー」

TOUR
あなたにおすすめのツアー

もっと見る

STORY
その他のストーリーを
チェック

TOPに戻る

※写真はすべてイメージです

テーマから探す

page top