MenuOpen
株式会社JR東日本びゅうツーリズム&セールス

185系電車

列車紹介

1981年にデビューし特急列車から普通列車まで
幅広く活躍をしてきた185系電車。
2021年に定期運用を引退した後も
臨時列車として各地を走ります。

このページではそんな185系にご乗車いただける
ツアーをご案内いたします。

来歴

MT54Dを唸らせながら…

来歴

特急型車両として製作されながら初の営業列車は急行伊豆という、まさに幅広い活躍を予言するようなデビューを飾った185系。新幹線リレー号として投入された耐寒耐雪・横軽対策仕様の200番台と共に関東一円で活躍し、お召列車として運転されるという栄誉も得ています。
定期列車としては「踊り子」「新特急草津」「湘南ライナー」等として、臨時列車としては「シュプール」「ホリデー快速」等として広く運用され、最近では「ムーンライトながら」として大垣まで足を伸ばしたのは記憶に新しいのではないでしょうか。
2年ほど前に製造が開始された、ある意味では兄貴分とでもいうべき117系電車は対照的に関西圏で活躍し、2021年現在でも湖西線や岡山地区等、またWEST EXPRESS銀河としてその姿を見ることができます。


様々な塗装について


185系電車が纏ったことのある塗装をご紹介いたします。



踊り子色

踊り子色

お馴染みデビュー当時の姿で、明るいクリーム色に幅が異なる緑色のストライプが3本入る塗装です。主に東海道線系統で活躍し、急行「伊豆」や特急「踊り子」に使用されていました。現在0番台200番台問わず残っている全車両がこの塗装となっております。

200番代デビュー時塗装

200番代デビュー時塗装

0番台と同じ地色に緑の横帯が入る姿で、北関東を中心に急行「あかぎ」、特急「白根」、「新幹線リレー号」や「新特急なすの」「新特急草津」等の新特急として活躍しました。

黄色・グレー・赤の三色ブロック塗装   <<<EXPRESS185>>>

黄色・グレー・赤の三色塗装

「あかぎ」「草津」等に運用されていた新前橋区所属の200番代がリニューアル工事と共に塗り替えられました。このリニューアル工事で座席が転換クロスシートが回転式リクライニングシートに交換され、特急型車両らしさが増しました。

湘南色ブロック塗装

湘南色ブロック塗装

新前橋区の車両に少し遅れて主に「踊り子」の運用に入っていた田町区所属の車両がリニューアルと共に塗り替えられ、東海道線系統伝統の湘南色を引き継ぎました。

全面湘南色塗装

全面湘南色塗装

湘南型・湘南電車と呼ばれ、かつて東海道線等を走っていた80系。オレンジ色と緑色の組み合わせた塗装を湘南色と呼ぶきっかけになった車両で、前面2枚窓スタイルは全国の鉄道で大流行しました。
これは特急草津号50周年キャンペーンの一環として登場した塗装で、前面部の塗分けはもちろんグリーン車への淡緑色の帯まで再現されたことは話題を呼びました。

国鉄特急色塗装

国鉄特急色塗装

準急「日光」で登場したため日光型とも呼ばれ、かつて準急「あまぎ」など伊豆方面への優等列車としても使用されていた157系。そんな157系の塗分けを模した塗装となっていた編成が存在しました。国鉄時代にデビューした特急型ながらこの塗装は纏ったことがありませんでしたが、どことなく157系とフォルムが似ていることもあってか、「しっくりくる」塗装だったのではないでしょうか。

おすすめツアー

185系電車にご乗車いただけるプランはこちら!


※掲載画像はイメージです。
※掲載画像は過去の画像です。
更新日 

テーマから探す

page top